ブログ|頭痛・肩こり・腰痛・神経痛、繰り返す痛みや長く続くしびれ専門の整体院

東仙台メディカル整体院のご予約はこちら

東仙台メディカル整体院のご予約はこちら

ブログ

2018年3月31日土曜日

正しい階段歩行とは?


こんにちは、東せんだいメディカル整体院

代表の千葉です。

最近のこだわりというか、日常の基本である歩き方
これをもう一度しっかり見直して皆さんにお伝えしたいなと思っています。

伝えるだけではなく、きちんと習得してもらえるようにしなければ意味がないのですが。。。

そのためにも、まず理論です。
歩行について他の記事はこちら→歩行のこだわり

私はどうしても感覚ではなく理論がしっかりしたものでないとダメなんです。
しっかり自分の中に落とし込むにはまずは理論。

患者さんに歩行指導をしていて多い質問、特に年齢が高いほど辛くなってくる階段歩行。

これはどうすれば体の負担なく楽に行うことができるのか?
私なりの理論をお伝えします。

とはいえ、あんまり難しく語ったところで誰もわからなければ独りよがりになってしまうので、理論というよりコツです。

一言でいってしまうと階段歩行は「太ももの裏を意識しろ!!」
なんのこっちゃ?

と思っている方多いと思いますが、ほとんどの方が階段や坂道、立ち上がりなどは
太ももの前面部の大腿四頭筋を使っています。
ただ立っている時ですらです。

なぜなら前面の筋肉の方が圧倒的に筋肉量が多いから使いやすいから。
ただこれが膝痛、腰痛の原因になってしまうのです。

明日はもっとこれについて詳しく解説します。



   台市東仙台駅徒歩7分
仙台市宮城野区新田2丁目16-2

詳しくはこちら
   ↓
繰り返す痛み、長く続くしびれ専門
【受付時間】
月~金 AM 9:00~12:00
    PM 2:30~ 8:00
 土  AM 9:00~12:00 
    PM 2:30~ 6:00
  
                     休診日 日曜、祝日

【ご予約・お問い合わせ】
     0120-98-9482











2018年3月30日金曜日

オスグッド痛で気をつけるべき動き

こんにちは、東せんだいメディカル整体院

代表の千葉です。

オスグッド痛とは←知らない人はこちら


オスグッド痛になったことがある人はわかると思いますが、ひどくなるととにかく歩くこと自体がかなりつらいです。

歩くということは膝が曲がりますから、その時点で出っ張りが強く炎症が起きている状態だということです。

ここまでひどくない初期のオスグッド痛の子も、気を付ける動作は簡単に言ってしまえば痛みを感じる動作全般にはなるのですが、

  • 太ももに力が入る動作(蹴りだしなど)
  • 急な切り替えし
  • ジャンプ
  • 階段歩行
  • 膝を床などにつく

最後の直接オスグットで出っ張ったところを硬いものにぶつける!これが一番ダメです!

治療を開始してからも、上の4つの項目はどんどんやってかまいませんし、基本的にどんな動きをしても良いのですが、この硬いものに患部をぶつける事だけは必ず気を付けてほしいです。

このぶつけた痛み、これだけはなくならないです!なのでオスグット用の動きを止めるサポーターは必要ないですが、膝を着くスポーツをやる子はパッドがついたサポーターは是非やってほしいです。(バレーボール、柔道、レスリング、ブレイクダンスなど)

あとは出っ張った部分を押しまくるのもダメです。いないとは思いますが悪化します。

これさえ気をつければあとは当院におまかせ下さい!


余計な心配しているより、とっとと痛み取ってガンガン動いちゃったほう良くないですか?

以前の記事をお読みください
     

台市東仙台駅徒歩7分
仙台市宮城野区新田2丁目16-2

詳しくはこちら
   ↓
繰り返す痛み、長く続くしびれ専門
【受付時間】
月~金 AM 9:00~12:00
    PM 2:30~ 8:00
 土  AM 9:00~12:00 
    PM 2:30~ 6:00
  
                     休診日 日曜、祝日

【ご予約・お問い合わせ】
     0120-98-9482