ブログ|頭痛・肩こり・腰痛・神経痛、繰り返す痛みや長く続くしびれ専門の整体院

東仙台メディカル整体院のご予約はこちら

東仙台メディカル整体院のご予約はこちら

ブログ

2018年3月17日土曜日

オスグッド痛とは

こんにちは、東せんだいメディカル整体院

代表の千葉です。

オスグッド痛とは?

オスグッド痛とは正式には「オスグッド・シュラッター病」と呼ばれます。1903年にOsgoodとSchlatterさんが発表した疾患で、主に10代前半の成長期(小学校の高学年から高校生の子供に発症するスポーツ障害の一つです

スポーツの中でもジャンプが多いものに特に多くみられます。バスケットボール、バレーボールや陸上などで発症することが多いですが、時にはまったくスポーツをしていなくてもなることがあります。

どの場所が痛くなる?

膝のお皿の下の部分がひどい子はお皿よりも盛り上がってきます。成長期はこの部分が軟骨なのでどんどんあらぬ方向に成長しちゃうのです。

症状は

一番わかりやすいのは、しゃがむと痛い!!これが顕著に出ます。特に運動後などは強くなります。その後悪化していくと、走っても痛い、歩いても痛い、当然押すと痛い。こんな感じでどんどん悪化していきます。

原因は

成長期は骨がグングン伸びます、その後筋肉やそのまわりの軟部組織が適応していきます。が、そのタイムラグの間に膝の曲げ伸ばし運動をすると大腿四頭筋を使うため、その付着部である脛骨粗面に大きな負荷がかかります。
そこに炎症が起き、痛みや腫れの原因となります。
さらにオスグッド病が進行すると、骨や軟骨がはがれてしまうことがあります。剥離してしまった腱と骨(軟骨)が膝の下の盛り上がり(隆起)として現れます。

どんな治療法があるのか?

必ず整形外科や接骨院、整骨院で言われるのは安静です。
スポーツ、トレーニングの中止です。
整形外科や接骨院、整骨院では太もも周辺に電気を流す治療を行います。
また、大腿四頭筋の付着部(脛骨粗面)を抑え込むオスグッド用サポーターの着用をすすめるところがあります。
そして大腿四頭筋やハムストリングのストレッチをしなさいと言われます。
というのがありがちな治療法ですね。
昔は当院でもこんな感じで治療やアドバイスを行っていましたが、
現在は安静なし、電気治療なし、サポーターなしでしっかり痛み改善することが可能となっています!!

以前の記事をお読みください
     
運動シーズン到来です!とっとと動けるようにしちゃいましょう♪
台市東仙台駅徒歩7分
仙台市宮城野区新田2丁目16-2

詳しくはこちら
   ↓
繰り返す痛み、長く続くしびれ専門
【受付時間】
月~金 AM 9:00~12:00
    PM 2:30~ 8:00
 土  AM 9:00~12:00 
    PM 2:30~ 6:00
  
                     休診日 日曜、祝日

【ご予約・お問い合わせ】
     0120-98-9482






0 件のコメント:

コメントを投稿